ULTRA MAGNUS
WITH OVER-RUN
VS. TREADSHOT
WITH NIGHTBEAT
ウルトラマグナス
オーバーラン
トレッドショット
ナイトビート


パッケージ

バトル イン ボックス

 この商品は、通称「バトルインボックス」(Battle in a box)と呼ばれる2パック商品のひとつで、パッケージは、片方のTFがビークルモードのフロント部分を開いた状態梱包され、激突によるバトルダメージをイメージしている。

 ラインナップは、「ウルトラマグナスvsトレッドショット」と「スモークスクリーンvsランサック」の2種類で、これらは準ストア限定アイテムと言われており、アメリカのディスカウントストア「マイヤー」(Meijer)や、デパートの「コールズ」(Kohl's)での販売が確認されている。アメリカでは、2004年9月頃から店頭に並び始めた。

ウルトラマグナスvsトレッドショット

 ここで紹介するのは、アルマダ・デラックスサイズ版オプティマスをリペイントした「ウルトラマグナス」と、サイドスワイプをリペイントした「トレッドショット」をセットにしたもの。

ULTRA MAGNUS(ウルトラマグナス)


ビークルモード

ロボットモード


MINI-CON OVER-RUN
(ミニコン・オーバーラン)

ビークルモード

ロボットモード

ウエポンモード

 ウルトラマグナスは、アルマダのデラックスサイズ版オプティマス・プライム(マイクロン伝説のSTDコンボイ)のリペイント商品で、G1ウルトラマグナスのキャブ部分を踏襲した、全身白一色に、青いマスクという配色。
 付属ミニコンのオーバーランは、アルマダ版オプティマスに付属のものと同名のまま。

 ギミックはアルマダ版から変わっておらず、背中にミニコンを合体させた状態のパンチクアクションや、オーバーランのウエポンモードを合体させたアタックモードも健在。

 この製品は、出荷の時点で腕パーツの組み立てが間違っており、スライドする腕部カバーが左右逆になっており、ヒジの関節が曲がらなくなっている。今回の画像では、ヒジ関節のピンを抜いて分解後、正しい状態に組み直している。ピンの抜き取りは、ピンより細い径の金属棒で突つき出した。

 

アタックモード


エネルゴン版ウルトラマグナスを牽引

腕部製品状態


TREADSHOT(トレッドショット)


ビークルモード

ロボットモード

 トレッドショットは、アルマダ商品の「サイドスワイプ」(マイクロン伝説のステッパー)のリペイント版で、これ以前に発売されたKマート限定2パック商品「クリスタルウィドーvs.オイルスリック」の「オイルスリック」と同様に所属がディセプティコンに変わっている。サイドスワイプにモールドされていた、胸のオートボットエンブレムは、オイルスリックの時点でディセプティコンのものに彫り直されている。

 配色は、オイルスリックのパープルに似た感じだが、こちらはワインレッドに近い色調で、ボンネットには「TREADSHOT」の文字、リアウインドウにはディセプティコンのエンブレムがプリントされている。その他に車体の右側に白のラインがプリントされているが、このラインと車体色は、G1商品のスタントロン部隊「デッドエンド」を思わせる。

 付属ミニコンは、アルマダ版サイドスワイプに付属のものから、名称が変わっておらずナイトビートのままとなっている。

 ギミックはアルマダ版と変わっておらず、背中にミニコンを合体させた状態で腕を上下するギミックや、スプリングアクションで展開するボンネット、ナイトビートを収納できるリア部分等が健在。日本版ステッパーの説明書に掲載されていた「トレインモード」は、今回もサイドスワイプ同様に掲載されていない。

 パッケージでは、ビークルモードのフロント部分が開いた状態で梱包されている。
MINI-CON NIGHTBEAT
(ミニコン・ナイトビート)

ビークルモード

ロボットモード


後ろ
 
(トレインモード?)


オイルスリックとの比較

ユニバース・トップページに戻る。

inserted by FC2 system