TIDAL WAVE

タイダルウェーブ


 アメリカでは、2003年12月頃から発売された、エネルゴン・ウルトラアソートwave1商品のひとつ。前作アルマダで発売された同名商品のリペイント版で、元のキャラクターと同一人物として発売された。アニメにもこのカラーリングで登場している。

 日本では、「SD-04 ショックウェーブ」として発売されており、海外版とは彩色や成形色等に違いは見られない同等品。 


ビークルモード

ロボットモード


 製品は、アルマダ版からモールドの変更は無く、違いはカラーリングだけで、全体を白とクリアグリーンで成形し、全身に稲妻のようなプリントが施されているのが特徴。

 ロボットモードでは、肩とヒジ程度しか可動部分は無く、脚部はほぼ直立しか出来ない状態と言っていいだろう。脚部の翼は、説明書等では前方に畳むように指示されているが、アニメでは後ろに畳んでいる。

 付属ミニコンのラムジェットは、戦闘機に変形し、タイダルウェーブ本体との連動の為に、他のミニコンよりもかなり小さく設計されている。

 過去製品のリペイントアイテムである為、今作の特徴であるエネルゴンチップ取り付け可能なクリスタルや、エネルゴンウエポン用のジョイントは無いが、全身10ヵ所に及ぶミニコンジョイントがあり、そこにエネルゴンウエポンを取り付ける事は可能だ。

 また、アルマダ版メガトロン/ガルバトロンとの合体機能も健在で、説明書にも合体機能についての説明は残ったままだ。

 尚、パッケージに使用されている写真では、翼が前後逆に取り付けられているが、単なる間違いで、製品では従来と同じ前進翼になっている。




付属ミニコン:RAMJET
(ラムジェット)

DARK FLEET
(ダークフリート)
  

 ビークルモードでは、3隻の海洋ビークルに分離する事が可能で、これら3隻のビークルは「ダークフリート」と総称されるが、日本版とは違い単体での名称は無い。

 ダークフリートは、3隻それぞれ独自のギミックが搭載されている。先頭部分の空母は付属ミニコンの「ラムジェット」を翼と機首を畳んだ状態で格納庫に収納可能。中央部分の戦艦は船首からのミサイル発射機能と、中央のジョイントにミニコンを合体させ、ジョイントを前後にスライドさせると、大小8基の砲塔が旋回する。後部の揚陸艦は、上部を展開するとミニコン4体を座らせられるシートが現われる。


格納庫オープン

シート展開

エネルゴン・トップページに戻る。

inserted by FC2 system