Legends of Cybertron / Cybertron All Stars

SCOURGE

スカージ

 日本では、「EZ(イージー)コレクション」の名称で発売されている、小サイズで主要キャラクターを再現したシリーズ。

 2005年9月頃に登場した第2弾アソートでは「イヴァック」「レオブレイカー」「ジェットファイア」「スカージ」の4種類のキャラクターが追加された。これらの第2弾アイテムは、どれも日本では発売されていない。




ビーストモード

ロボットモード


 スカージは、日本では「フレイムコンボイ」の名称で登場しているドラゴン型TFだ。

 ウルトラクラスの大サイズ商品は、サイバーキーによるパワーアップギミックで1つ首から3つ首のドラゴンモードに変化するが、この商品では3つ首状態を基本としている。左右の首の基部は可動するので、一応1つ首状態のようにする事もできるが、首の収納は前提としていなので、背中に飛び出たように なってしまう。

 変形パターンは、大筋においては大サイズ商品を踏襲しているが、細部で省略されている個所がある。ビーストモードの尻尾は、大サイズ商品ではロボットモードで取り外して武器になるが、この商品では取り外しは出来ず、そのまま背中に折り畳むようになっている。

 ロボットモードでも、左右のドラゴン首を出した状態が基本だが、完全に前方に向ける事が出来ず、斜め上を向いてしまうのが難点。左右の首は後ろに回しておけば、通常モードのようにもできる。(説明書では、両モード共に左右の首を出した状態で描かれている。)
 脚部はヒザの関節が省略されており、ビーストモードのポーズを基本に造型されている為、ロボットモードでは不自然にヒザが曲がったしゃがんだ様な姿勢になる。また、ロボット手首はビーストモード時に足首になる都合で90度曲がった状態で造型されており違和感がある。

 関節の可動部分は、変形に必要な部分のみで、首、腕と脚の付け根、ヒジと足首が全てボールジョイントで接続されている。この内、ヒジは実質的にはロール回転のみとなる。また、ドラゴンの首もボールジョイントで接続されている。

 カラーリングは、オレンジとガンメタの成形色に、ガンメタや赤等で彩色が加えられている。ドラゴン頭頂部(ロボットモードの胸)には、ディセプティコンマークがプリントされている。

ロボットうしろ


ビーストうしろ


左右の首を後ろに回した状態



第1弾、第2弾ラインナップより、ディセプティコン側3体


サイバートロン・トップページに戻る。

inserted by FC2 system