パッケージ

SIDESWIPE


(サイドスワイプ)


 アメリカでは、2008年10月ごろから発売された、デラックスクラスwave3から登場した商品のひとつ。

 サイドスワイプは、日本では「ランボル」の名称で知られるG1キャラクター。今回は、先に発売されたサンストリーカーの仕様を変更しての製品化となった。

 日本では、2008年10月に「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー C-09 ランボル」として一部カラーリングを変更したうえで発売された。


カーモード

ロボットモード

 サイドスワイプのG1バージョンは、元ダイアクロン・カーロボットのニューカウンタックをトランスフォーマーとして発売したものだった。海外での設定上では「双子」とされたサンストリーカーは、ベースとなったのは、全くの別製品であるカーロボットのカウンタック・スーパーチューニングで、同じカウンタックのモチーフという以外には、共通点は無い製品だった。今回は、サンストリーカーと金型を共有することで、兄弟という設定に一定の説得力を持たせた形になっている。

 製品は、サンストリーカーと形状が異なるのは頭部のみだが、上半身を裏表逆にして使用する事で、ボンネットが胸部になるG1時代のスタイルを再現している。裏表を逆にした都合で手首の左右が逆になるが、これはパーツを入れ替える事で対応している。ロボットモード時のパーツ構成は、胸部になるボンネットに加えて、車体後部が脚部になる点や、ドアが腕に装着されている点、背中がルーフになる点等、G1版の構成に近く、サンストリーカーよりも再現性は高いと言える。

 説明書は、なぜかサンストリーカーと全く同じ図版が使用されており(頭部形状もそのまま)、フロントウインドウが胸部になる状態で説明されている。しかし、パッケージの写真やイラストでは、上半身を逆にした状態で掲載されており、何よりも手首がその状態で正位置になるように組み立てられているので、説明書は単なる間違いだろう。

 今回、唯一の新規パーツとなった頭部は、G1版のイメージを踏襲したものだが、両サイドのアンテナが強調されており、ややイメージが異なる。なお、必要性が無いので当然だが、サンストリーカーにあったアンテナの展開ギミックは無くなっている。

 パッケージの記載では、「フレア・ランチャー」とされている手持ち武器は、形状こそサンストリーカーのものと同じだが、白地に黒で彩色されておりG1版の肩のミサイルランチャーを模している。実際に肩にはジョイント穴があり、そこに取り付ける事もできる。パッケージのイラストも肩に装着した状態で描かれている。

 オプションパーツのエンジンは、サンストリーカー同様にルーフ上に取り付ける事ができるが、G1版玩具に倣うなら、取り付けない方がそれらしいかもしれない。ロボットモードでは、パッケージ写真ではサンストリーカーと同様の向きに背中に取り付けられているが、上下を逆にしてG1アニメ本編で使用したロケットパックのように見立てるファンも多いようだ。
 
 カラーリングは、G1時代のサイドスワイプ同様の真っ赤なカラーリングで、この赤い成型色はメタリック調になっている。手足にはG1版同様に白や黒の成型色が使用されている。クリアパーツの色は部位毎に異なり、フロントウインドウはクリアスモーク、フトモモのクリアパーツはクリアブルー、ライトはクリアーになっている。
 胸部にはオートボットエンブレムが、後部のナンバープレートには「SWIPE」とプリントされている。



うしろ


比較




ユニバース・サンストリーカーとの比較
 
   G1版との比較



 サイドスワイプとサンストリーカーを同型の流用で再現した製品は、過去にもオルタネイターズ/バイナルテック版等が存在するが、今回のユニバース版では、上半身を裏表逆に使用する事で、単なる色彩/頭部違いではない、G1時代の形状的差異を再現している。

 フレア・ランチャーは、肩に装備するとサイズ比が小さく感じるのが難点。また、武器はこれ1個しか付属しないので、手に持たせる武器が無くなる。

ユニバース・トップページに戻る。

inserted by FC2 system