パッケージ

BRAWN


(ブローン)


 アメリカでは、2008年12月頃から発売された、レジェンズクラス・アソートwave4から登場した商品のひとつ。ブローンは、SUVに変形するオートボット。

 日本では、一部配色を変更して『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー C-18ミニボットアタックチーム』の中の1体、「ゴング」として2009年3月に発売。



SUVモード

ロボットモード


 G1版では、ジープに変形したが、今回のバージョンでは、SUV型のカーモードとしてリメイクされている。G1版では、ルーフ上にスペアタイヤが配置されていたが、今回は車体の後ろに取り付けられている。

 変形パターンは、独特なG1版のパターンとは異なり、車体後部を伸ばして下半身に、車体側面を開いて両腕とするオーソドックスなものになっている。両腕は、同時発売のバンブルビーやビーチコマーとは違い、単に左右に開くだけで無く、スイングアームで基部の位置を広げる事で、ロボットモード時の肩幅の広いスタイルを整えている。

 ロボットモードは、G1アニメ版のイメージを多く取り入れており、頭部や胴体の形状はアニメ版設定をトレースした形状になっている。関節の可動部分は、両腕と両脚の付け根がボールジョイント接続。ヒザも一応、1軸の関節はあるが、後ろにはほとんど曲げられないので、関節としての意味はあまり無い。

 カラーリングは、車体がグリーンで、腰や可動部分等がシルバーの成型色。胴体部分はオレンジで彩色され、頭部はシルバー、眼が水色。腹にはシルバーでオートボットのエンブレムがプリントされている。

 顔面は成型色の黒のままだが、アニメ設定では本来シルバーかグレーであるべき所。レジェンズ版商品ではよくある事だが、カーモードで車体後半部分のウインドウが未彩色なのも、スタイリングがリアルなだけに惜しい。



うしろ

G1版との比較



 G1版は、手足が細い独特のスタイルをしているが、アニメ設定では大幅にデザインがアレンジされていた。今回のレジェンズ版では、アニメ設定のイメージを優先した構成で、G1玩具版とは全くの別物となっている。

レジェンズクラス・ミニボット整列




左から、ブローン、バンブルビー、ビーチコマー

ブローンの腕の展開方法の違いによる、体格の差がわかる。


ユニバース・トップページに戻る。

inserted by FC2 system