アタックティクス・トランスフォーマー
シリーズ1

ブースターパック

TF-07〜12


TF-07 SCOURGE スカージ

 サイバートロンより、スカージ(ギャラクシーフォースでのフレイムコンボイ)。
 プラネットリーダーの1人でありながら、バリューポイントが20しか無く、台座も小サイズで設定とユニットの強さとの乖離が著しいアイテム。斧を両手で保持したポーズで造型されており、攻撃ギミックは、上半身を捻って離すと斧を振る。背中には、2つのドラゴンの首がモールドされているが、可動ギミック等は無い。彩色部分がやや少なく、カラーリングの再現度は低め。

TF-08 STARSCREAM スタースクリーム

 サイバートロン版スタースクリーム。ギミックの都合で、右腕のランチャーが極端に大型化されているのが特徴。台座のサイズは中。
 攻撃ギミックは、右腕からの大ミサイル発射。この先端が大きい大ミサイルは、トランスフォーマー・シリーズ1では、このアイテムにしか採用されていないが、スターウォーズでは多くのアイテムに採用されている。

TF-09 HOT SHOT ホットショット

 サイバートロン版ホットショット(ギャラクシーフォースのエクシリオン)。
 背中のウイングを開いた状態で造型されている。
 腕の3連装レーザーガンからの攻撃をイメージした発射ギミックの為、右腕が極端に大型化された造型で、右腕の拳の先端からスプリングで円形のミサイルを発射できる。この円形のミサイルは、そのサイズと質量で、敵を倒し易くなっている。台座は小サイズ。

 左の画像は、その巨大な右腕。

TF-10 EXCELLION エクセリオン

 サイバートロンよりエクセリオン。
 日本でのDVD付属エクシリオン・レッドバージョンに該当するアイテムではあるが、海外ではホットショットとは別のキャラクターとして設定されている。。
 TF-09ホットショットのリペイントアイテムで基本的な数値も同じだが、何故か台座のサイズはこちらの方が大きい中サイズとなっている。
 シリーズ1では唯一のリペイント別キャラ。

 左の画像は、ホットショットとの比較。

TF-11 VECTOR PRIME ベクタープライム

 サイバートロンよりベクタープライム。
 カラーリングは、日本版のベクタープライムに近いシルバーグレーの成形色。トイショー等で展示された試作品には海外版カラーである白い成形色のものも存在したが、シリーズ1では発売されていない。
 なぜか、体を右に傾けた状態で造型されており、バランスが悪く倒れ易い。
 攻撃ギミックは、右腕からの円形ミサイル発射。発射器は一応、ミニコン・セーフガードが変形した銃の形状に順じている(左画像)。

TF-12 LANDMINE ランドマイン

 エネルゴン版ランドマイン。
 オプションパーツと合体したパワーリンクスモードでフィギュア化されている。造型的には、ギミックの為に右腕が誇張されており、肩は省略されて巨大なキャタピラが直接くっついた形状になっている。
 攻撃ギミックは、その右腕からのパワーパンチ。これはミサイルギミックの変種で、右拳をスプリングで射出するが、本体と繋がっており取り外す事はできない。台座サイズは大。

 左の画像は、パンチを射出した状態。

TF-13〜18に進む。


アタックティクス・トップページに戻る。

inserted by FC2 system