パッケージ

Cybertron Mode

OPTIMUS PRIME


(サイバートロンモード・オプティマスプライム)

 アメリカでは、2008年6月頃から発売された、デラックス・アソートwave1から登場した商品のひとつ。
 サイバートロンモード・オプティマスは、商品名の通りサイバートロン星での姿を再現した仕様。


サイバートロン・トラックモード

ロボットモード

 サイバートロンモード・オプティマスプライムは、アニメでも第1話等に登場する、サイバートロン星での姿を再現している。

 ビークルモードの「サイバートロン・トラックモード」は、基本的なパーツ構成は地球モードと同様だが、未来的なスタイルにまとめられ、特に、正面からルーフにかけて緩やかな曲面で構成された全面クリア成型のウインドウはコンセプトカー的な雰囲気を漂わせている。その他、後輪部分が車輪ではなく、キャタピラが配された、いわゆるハーフトラック形態である点が特徴。

 ロボットモードへの変形は、今までの多くのコンボイ系のような、キャブ=胴体ブロックから腕を展開する方式では無く、腕をブロック状に折り畳んで、そこにプレート状の車体前面パーツを組み合わせると言う構造。この構造により、腕のサイズ比が胴体に比べてかなり大きく、力強い体型を形作っている。

 武器パーツとして付属する斧には、グリップに折り曲げ用の可動部があり、手に持たせた状態のまま折り畳んで、取り外すこと無くビークルモードへ変形できる。また、説明書ではルーフを取り外して、ロボット時にシールドとして腕に取り付けるように指示されているが、実際にはビークル時のジョイントと腕部のジョイントは同一な為、上手く避ければ取り外さずに変形させる事ができる。

 ロボットモードでは、基本的な関節はほぼ可動するフリーポーザブル仕様。頭部は、マスクを下ろした素顔の状態で造型されている。

 手持ち武器の斧は、アニメ設定に近い通常のモード以外に、玩具オリジナルの刃を展開して両刃にしたモードと、左右に開いたシールドと合体させた大斧の計3つのモードに変形させる事ができる。
 パッケージの記載によれば、この斧「イオンアックス」は、変化してウォーアックス(戦斧)になるとされている。アニメイテッド版オプティマスが斧を持つのは、消防士のイメージからなので、通常モードの斧は消防斧と考えるのが妥当だろう。

 カラーリングは、ベーシックなコンボイカラーだが、顔面はスカイブルーで彩色されており、アニメ設定通りとは言え異彩を放っている。
 ビークル時にウインドウになる胸部とシールドや、斧の刃、眼はクリアブルー成型。左肩とルーフ上には、シルバーでオートボットエンブレムのプリントがある。




うしろ


シールドと合体した斧を構える

両刃モードの斧

アニメイテッド・トップページに戻る。

inserted by FC2 system