パッケージ
STRAGHTAWAY SHOOTOUT
(ストレイトアウェイ・シュートアウト)

 アメリカでは、2009年9月頃に、ターゲット限定商品として発売されたレジェンズクラス5体のセットボックス。店頭販売価格は、19.99ドルだった。

 同梱アイテムは、「アイアンハイド」「マッドフラップ」「スワーブ」「ラナマック」「スパーククラッシャー」の5体。いずれも既存アイテムのリペイント製品。

 日本未発売。


セット内容




左から、アイアンハイド、マッドフラップ、スワーブ、ラナマック、スパーククラッシャー。
左の3体がオートボット、右の2体がディセプティコン。

 地球に身を隠したディセプティコンとそれをハンティングするオートボット分隊の2対3の闘いをテーマにしたセット。アイアンハイド、マッドフラップは、映画に登場したキャラクターだが、それ以外の3体は玩具独自のキャラクター。


IRONHIDE
(アイアンハイド)


 アイアンハイドは、2008年にオールスパークバトル2パックで発売された製品をリペイントした別カラー版。元製品よりもグレー寄りの成型色になり、彩色パターンも変更されている。ボンネットにはシルバーでオートボットエンブレムがプリントされている。

 下の比較は、左から、当アイテム、2007年オールスパークバトル版、2009年エンフォーサー・アイアンハイド。




MUDFLAP

(マッドフラップ)


 レジェンズクラスwave3で登場した製品の別カラー版。全体の赤が通常版よりも濃いメタリックレッドになり、バンパー周辺や足首に泥汚れの表現がスプレーされているのが特徴。全体の赤と汚し塗装以外は基本的に通常版と同色。

 下の比較は、左から当アイテム、通常版(日本ではローソン限定)、ダメージ版(フューリー・オブ・フィアスウープ)。



SWERVE
(スワーブ)


 レジェンズクラスwave2で発売された「サイドスワイプ」のリペイント。デラックスクラス版の同名商品とは異なり、頭部はサイドスワイプのままで変更は無い。カラーリングは全体が赤の成型色。太腿とタイヤ以外のほぼ全身が赤いのが特徴

 サイドスワイプでは省略されていた足首のタイヤが彩色されているのがポイント。胸部には黒でオートボットエンブレムがプリントされている。



RUNAMUCK
(ラナマック)


 2007年に発売された「オートボット・ジャズ」をリペイントした新キャラ。1986年に同名キャラクターが存在するが、今回の製品のカラーリングは、それではなく、明らかにスタンティコン部隊のメンバー「ブレークダウン」をモチーフにしている。全体が白い成型色にボンネットの赤い塗り分け、青いラインというブレークダウンと同じ配色。顔面が赤い点も同じである。

 ボンネットと腰に紫でディセプティコン・エンブレムがプリントされている。


SPARKCRUSHER
(スパーククラッシャー)


 2009年にユニバース・レジェンズで発売されたワーパスのリペイント製品。ムービーシリーズのレジェンズクラスでは、別シリーズからの流用製品は初のケース。スパーククラッシャーという名称は、これが初出だが、カラーリングパターンは、1990年に発売されたアクションマスターというサブグルーブに属するディセプティコンの「ガットクランチャー」と類似している。

 全体色はガットクランチャーと同じグリーンで、胴体、大砲等も同様にオレンジ、太腿はグレーで彩色されている。また、頭部もマスクが黒で、眼がオレンジという点が踏襲されている。車体左側面にシルバーでディセプティコン・エンブレムがプリントされている。

 カラーリングには明らかなガットクランチャーとの類似が見られるが、キャラクター名称は全く異なる。2009年の時点では、メーカー担当者等から、キャラクター引用の確証となる証言は無いが、仮にキャラクター引用を意図したものであるとすれば、商標上の問題で改称した可能性があるかもしれない。

比較


右がガットクランチャー


トランスフォーマー/リベンジ・インデックスに戻る。

inserted by FC2 system